当事務所の解決事例一覧

相続・遺言の無料相談実施中!

相続手続き遺言書作成成年後見など相続に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは0120-976-076になります。お気軽にご相談ください。

ご相談から解決までの流れについて>>

当事務所が選ばれる理由>>

事務所紹介はこちら>> 

当事務所の解決事例一覧

遺産分割

◆仲の悪い兄弟が不動産を売却して現金を分割したケース

◆遺産である不動産を現金化したケース

◆認知症の被相続人がいる場合のケース

◆固定資産税納税通知書が届かなかったために、死亡した者の土地がどこにあるかわからないケース

◆遺産分割と相続放棄に関して複数の提案から選択していただいたケース

◆介護施設への入居費用を捻出するため、相続した不動産を売却したケース

◆相続人の中に行方不明の方がいるケース

相続放棄

◆10年前に亡くなった母の負債が発覚したケース 

◆疎遠だった兄弟が亡くなり、相続放棄をしたケース

◆離婚以来15年間会っていない父親の相続放棄のケース

◆相続放棄を2回するケース

相続登記

◆1人暮らしだった母が亡くなり、遠方に住んでいる長男に代わり相続手続き一式を代行したケース

◆相続登記において未成年の相続人が含まれていたケース

◆亡くなった方の戸籍が遠方にあるケース

◆名義変更の際に権利書が見当たらないケース

預貯金解約・株式名義変更

◆他の相続人が遠方に住んでおり、相続手続きが困難なケース

◆後継者(親から息子)が事業承継をする際に今後の事業のために必要な資産を相続したケース

◆預貯金で相続手続きをしたケース

遺言

◆遺言の内容を誰にも知らせたくないという要望で遺言を作成したケース

◆相続権の無い方に財産を譲渡する為の遺言書作成を成功させたケース

◆「父が再婚者にすべての財産を相続する旨の遺言を残したケース」 遺言

◆不動産を現金化したのち分割する旨の遺言書のケース

相続手続き

◆一つ前の世代の相続手続きができていなかったケース

◆不明な共有者がいる状態で放置している空き家を処分するケース

◆預貯金・不動産の相続に関して兄弟姉妹が不仲のケース

生前贈与

◆再婚者の子供(連れ子)のお金遣いが荒いため財産を相談者(妻)へ贈与したケース

◆甥に生前贈与したいケース

成年後見

◆精神疾患により財産管理に不安があるケース

◆遠方の兄弟が病気で倒れ意思確認が取れない状況になってしまったケース

 

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~20:00 (土日 祝日 要予約)

0120-976-076

ネットでのご相談ご予約はコチラ▶

""