初めての方へ

資料ダウンロード

面談はこちら 無料相談受付中

0120-976-076

平日9:00~20:00
※土・日・祝日、夜間も対応いたします(要予約)

不明な共有者がいる状態で放置している空き家を処分するケース

2018.09.19

状況

AさんとBさん2分の1ずつの名義の土地と建物でしたが、AとBに血のつながりはなく、相続の発生によって2人の共有状態となりました。

Aは売却をしたいと考えていましたが、Bとの連絡が取れないという状況でした。
ここで、固定資産税は毎年Aが支払っていました。

司法書士の提案&お手伝い

共有状態にある不動産の売却手続きには共有者となっている全員の協力が必要となるため、まずは共有者Bを何としても探すことから提案しました。

その後Bに売却の意思があることが確認できれば、本人限定受取郵便や電話により、Bにも負担なく売却への段取りが取りやすくなることを提案しました。

結果

役所への調査なども細かく行い、Bを発見することができました。

空き家のことは気にしていたようで、売却の意思を確認すると、問題なく確認することが出来ました。

共有不動産の場合、売却の段取りが煩雑で、そのままにしておくというケースが散見されます。一方が行動を起こすことで、空き家の売却ができるケースも多いので司法書士事務所までぜひご相談ください。

この記事を担当した司法書士
かぜのおか司法書士法人 代表司法書士 岩切 康広
保有資格司法書士・宅地建物取引士・相続アドバイザー
専門分野相続・遺言・生前対策
経歴昭和53年鹿児島生まれ。 平成17年司法書士試験一発合格。鹿児島市内で司法書士法人に勤務の後、平成21年5月吉野町でかぜのおか司法書士事務所を開設。 現在、個人から企業まで幅広い範囲の相談案件に奮闘中。
専門家紹介はこちら
PAGETOP

新着情報・解決事例・お客様の声・セミナー相談会

Contact
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-976-076

    平日9:00~20:00

    ※土・日・祝日、夜間も対応いたします(要予約)

  • メールでのご相談はこちらをクリック
無料相談受付中!
メールでのご相談はこちら