初めての方へ

資料ダウンロード

面談はこちら 無料相談受付中

0120-976-076

平日9:00~20:00
※土・日・祝日、夜間も対応いたします(要予約)

預貯金・不動産の相続に関して兄弟姉妹が不仲のケース

2018.09.19

状況

相談者Aの父Bが二年前に他界したが、遺産に関しては手付かずの状態でした。

ところが相談者Aの兄Cの実子Dが父B名義の土地の上に家を建てたいとのことで、遺産分割協議書をもってきました。Aは父Bを献身的に介護していたが、Cはあまり父との仲が良くなく、介護に協力的でないことからAとの仲も不仲であったようです。

司法書士の提案&お手伝い

いわゆる争族ということで、言いにくいことでも、まずはお互いの気持ちを整理することを提案しました。
正直な気持ちを話し合うと、父が代々守ってきた土地は長男であるCが引き継ぐことをAも望み、預貯金に関してはAが相続するということで、解決することができました。

結果

正直な気持ちを丁寧に整理したため、相続がスムーズに遂行されたのと同時に兄妹仲も解決することができました。

この記事を担当した司法書士
かぜのおか司法書士法人 代表司法書士 岩切 康広
保有資格司法書士・宅地建物取引士・相続アドバイザー
専門分野相続・遺言・生前対策
経歴昭和53年鹿児島生まれ。 平成17年司法書士試験一発合格。鹿児島市内で司法書士法人に勤務の後、平成21年5月吉野町でかぜのおか司法書士事務所を開設。 現在、個人から企業まで幅広い範囲の相談案件に奮闘中。
専門家紹介はこちら
PAGETOP

新着情報・解決事例・お客様の声・セミナー相談会

Contact
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-976-076

    平日9:00~20:00

    ※土・日・祝日、夜間も対応いたします(要予約)

  • メールでのご相談はこちらをクリック
無料相談受付中!
メールでのご相談はこちら