父が再婚者にすべての財産を相続する旨の遺言を残したケース

状況

相談者Aの父Bは再婚者Cにすべての財産を相続するという旨の遺言を残していました。

相談者Aは何とか父の財産の一部でも相続できないかと思い相談に来られました。

司法書士の提案&お手伝い

Bの子である相談者Aには遺留分という法的に主張できる相続財産の取り分があり、期間的にも問題がなかったため、遺留分減殺請求をご自身で進めるか、弁護士に依頼することを提案しました。

結果

もめごとになる覚悟であったAも専門家である司法書士に相談することで、弁護士に依頼するにせよ手順に従って整理でき、安心に進められたとお言葉を頂きました。

解決事例の最新記事

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~20:00 (土日 祝日 要予約)

0120-976-076

ネットでのご相談ご予約はコチラ▶

""