預貯金解約・株式名義変更

預貯金で相続手続きをしたケース

状況 相談者Aの父Bがなくなり預貯金口座を解約をする必要がありました。 相続人は相談者Aとその弟Bでしたが、二人とも朝早くから夜遅くまで就業しているため、銀行に行く暇もないということで、予約をされて休日に相談に来られました。 司法書士の提案&お手伝い 預貯金の解約や相続手続きについて遺産整理業務を提案しました。 このことをお伝えし、当事務所を介して書類のやり取りを行うことを提案しました。
続きを読む >>

1人暮らしだった母が亡くなり、遠方に住んでいる長男に代わり相続手続き一式を代行したケース

  状況 鹿児島で一人暮らしをしていた母親が亡くなり、相続人は東京在住の長男と千葉在住の長女。母の遺産は銀行預金と鹿児島の実家。長女は長男にすべて任せると言っているが、長男も東京と鹿児島を何度も行き来できる状況ではありませんでした。 預金解約には各金融機関の窓口に出向かなければならず、また、空き家となった実家の処分にも困り果てていらっしゃいました。
続きを読む >>

後継者(親から息子)が事業承継をする際に、今後の事業のために必要な資産を相続したケース

現状 鹿児島市で繊維工場を営むAさんが78歳で亡くなりました。 Aさんは亡くなった夫が創業した印刷会社の経営を引き継ぎ、遺産は預金1200万円と自社株式(時価500万円)、印刷工場の土地500万円を遺していました。 Aさんには子供が二人おり、印刷工場を継ぐことが決まっている長男Bさんとすでに大阪に嫁いで20年経つ長女のCさんです。 Bさんは印刷工場の経営に必要な株式と印刷工場の土地
続きを読む >>

他の相続人が遠方に住んでおり、相続手続きが困難なケース

  状況 福岡県の母親が亡くなり相続人である鹿児島市在住の長女A様が当事務所にご相談にいらっしゃいました。 ご相談内容は母親の預金口座である福岡県の地方銀行およびゆうちょ銀行の普通預貯金解約のお手続きをしたいとの相談で当事務所に相談に来られました。 他の相続人のB様は高知県にお住まいで、A様もお仕事が忙しく、なかなか手続きを進められずにおられました。   司法書
続きを読む >>

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~20:00 (土日 祝日 要予約)

0120-976-076

ネットでのご相談ご予約はコチラ▶

""