相続登記

名義変更の際に権利書が見当たらないケース

状況 相談者Aは故Bの相続人であり、B名義の不動産がありました。 しかし、権利書がいくら探しても見当たらず名義変更できないのではないかと思い、当事務所に相談に来られました。 司法書士の提案&お手伝い 相続による名義変更には原則、権利書がなくとも手続きができる旨を伝えました。 例外として、住所の変遷を公的書類で確認できない際には補填的な資料として権利書が必要となるケースもあります。 結果
続きを読む >>

1人暮らしだった母が亡くなり、遠方に住んでいる長男に代わり相続手続き一式を代行したケース

  状況 鹿児島で一人暮らしをしていた母親が亡くなり、相続人は東京在住の長男と千葉在住の長女。母の遺産は銀行預金と鹿児島の実家。長女は長男にすべて任せると言っているが、長男も東京と鹿児島を何度も行き来できる状況ではありませんでした。 預金解約には各金融機関の窓口に出向かなければならず、また、空き家となった実家の処分にも困り果てていらっしゃいました。
続きを読む >>

相続登記において未成年の相続人が含まれていたケース

状況 亡くなられた40代女性の相続人は、40代の夫と10代の子供の2人でした。妻名義のマンションが1つありましたが、夫は子供が未成年であったため、どのように名義変更の手続きを進めたら良いか分からず相談に来られました。 司法書士の提案・お手伝い 相談者は、不動産を自分の単独名義に変更したいと考えられていました。相談者である親権者と子供が相続人となっていたので、子供の法定代理人
続きを読む >>

亡くなった方の戸籍が遠方にあるケース

状況  相談者の旦那様がお亡くなりになり、相続登記手続きを行いたいとのことでご来所されました。旦那様は遠方出身で、戸籍は遠方の市役所にあるため、遠方の司法書士事務所に依頼したほうがいいのかお悩みになっておられました。   提案 故人の戸籍は時系列で揃える必要があります。そのため、相談者様自身で戸籍を収集しようと思うと交通費だけで大変な費用がかかってしまうことをお伝えしました。また、当事
続きを読む >>

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~20:00 (土日 祝日 要予約)

0120-976-076

ネットでのご相談ご予約はコチラ▶

""